先輩社員インタビュー

先輩社員インタビュー

人生の先輩から若者に向けて
「仕事や人生を楽しむコツ」とは?

陣屋が求めるものは?

人生の先輩から若者に向けて
「仕事や人生を楽しむコツ」とは?

宿泊業向け求人サイトSWITCH BRIGHTのインタビューで、代表 宮﨑知子が語ります。

スタッフ インタビュー

陣屋で働く先輩スタッフにインタビューしました。

お客さまに寄り添った接客が できることこそ、旅館の魅力。

お客さまに寄り添った接客が できることこそ、旅館の魅力。

元湯 陣屋  仲居 本田 有希子

高校を卒業後、バスガイドの仕事に就き、そして伊豆にあるホテルでも仕事をしました。地元に戻ってくるタイミングで、元湯 陣屋に入ることを決めました。

旅館で働く魅力は、お客さまに携わる時間が長いことです。ご宿泊当日にお迎えし、翌日お帰りになる際まで、ずっと寄り添っていられますから。と同時に、業務内容は多岐にわたります。ですので、短期間にいろいろな仕事を憶えることができます。

一般的に、接客業は拘束時間が長く、業務がキツイといったイメージがあるかもしれませんが、私はそうしたイメージに不安を感じることはありませんでした。お客さまと接することが大好きですので、業務時間が長くなってしまった時には、その分だけお客さまと過ごす時間が多くなるので、むしろ嬉しいですね。お客さまと時間を共有し、言葉を交わすことが、ストレス発散にもなっています。担当させていただいたお客さまから、お礼のお手紙をいただくこともあるのですが、読み返すたびに、「この仕事を続けていて良かったな」と思います。

今後の目標は、旅館業を目指す仲間を増やしていきたということ、そして、陣屋で共に働く後輩たちと一緒に成長していきたいですね。


お客さまの「思い出づくり」のお手伝い。

お客さまの「思い出づくり」のお手伝い。

陣屋コネクト  カスタマーサクセスマネージャー 滝田 翔平

陣屋にお世話になる前は、別の業界で販売の仕事をしていました。そこで感じたのは、「たった一度の出会いで終わるのではなく、何度もご利用いただけるような接客の職場で働きたい」ということでした。もともと私は人と接することや人の笑顔を見ることが大好きですので、一度きりの接客で終わってしまう販売の仕事に物足りなさを感じたのかもしれません。そんなことが、旅館業に転職した理由です。旅館は、他業種と比べてお客さまとFace to Faceで直に接し、長い時間一緒に過ごすことができますから。

旅館で働く魅力は色々あるのですが、お客さまはみな同じ要望を持っているということはなく、一人ひとりが違った多種多様な要望を持っていて、それに対して柔軟に、臨機応変に対応することで喜ばれることに醍醐味を感じますね。お客さまの期待に見事応えられたときの達成感は大きいですね。

また、何度も来られるお客さまから顔と名前を覚えていただけたときは、やっぱり嬉しいですね。私の仕事は、元湯 陣屋の魅力をお客さまに伝えること、好きになってもらうことだと考えています。当然、我々スタッフも重要な魅力要素の一つです。お客さまが自然と笑顔になっていただけるよう、気さくでありながらも、接客マナーやきちんとした立ち居振る舞い忘れないようにしながらの接客を心掛けています。

陣屋のコンセプトは「物語に、息吹を。」です。私たちスタッフは、お客さまの物語と、思い出づくりのお手伝いをさせていただいています。だからこそ、一回一回全力投球で業務にあたっています。仕事が惰性にならず、一人ひとりのお客さまのニーズをしっかり把握して、その人に合ったプラスアルファの接客を提供できるよう心掛けていきたいですね。