数字で見る陣屋グループ

数字で見る元湯陣屋

株式会社陣屋(旅館 元湯陣屋)の経営指標を数字でご紹介します。

創業

100

元湯陣屋の創業は1918年(大正7年)。2018年に創業100年を迎えました。ますますの飛躍に向け、社員一同挑戦し続けます。

敷地面積

10,000

敷地面積は1万坪で、なんと東京ドームグラウンド面積の約2.5倍の広さ。陣屋の日本庭園には、失われつつある日本の自然が息づいています。

宿泊客室数

18

敷地内には純和風のゆったりした客室が18室あります。全室天然温泉風呂付の贅沢な客室です。

年商

6億円

わずか18室の旅館ですが、年商は6億円を超えています(売上比率:宿泊 54%、日帰り 18%、ブライダル 9%、陣屋EXPO 19%)

週の宿泊営業日

4

宿泊営業が週4日営業でも、無休だった時期に比べ売上2倍以上の成長を遂げています。

EBITDA率*

30%

EBITDA率(*利払い前・税引き前・減価償却前利益率)は30%と業界トップ水準です。
※EBITDA率10%以上が繁盛旅館の業界基準

宿泊客単価

50,000

県央・湘南エリアトップレベルの高級旅館です。

従業員数

正社員30名:パート15

IT活用により、少ない従業員で効率よく働ける環境を整えています。マルチタスクでさまざまな業務を経験できます。

社員平均年齢

30

若手社員が幅広く活躍できる旅館です。(全国宿泊業の社員平均年齢は45才)

平均年収

400万円

業界平均の250万円に比べ、約1.6倍の年収です。

初任給

25万円

高専・短大卒の宿泊業の平均 17万円 より大幅に高い初任給を保証しています。

労働生産性

1,000万円

IT活用と働き方改革により宿泊業の平均値470万円を大幅に上回る労働生産性を誇ります。
*労働生産性 = 付加価値額 ÷ 従業員数、付加価値額 = EBITDA + 人件費 + 租税公課 + 不動産賃借料

数字で見る陣屋コネクト

株式会社陣屋コネクトの経営指標を数字でご紹介します。

創業

6

2012年から全国の旅館・ホテル・ペンションなどの宿泊施設にも陣屋コネクトの提供を開始。宿泊業の経営改革にご活用いただいています。

導入施設数

300施設以上

陣屋コネクトは全国300以上*の施設に導入されています(旅館 45%、ホテル 25%、その他 30%)。(*2018年6月現在

年商

2億円

3年間で売上は3倍以上に増加し、急成長しています。

アプリケーション開発費

2億円/年

キャッシュの廻る限りアプリケーション開発費に充当することで、早いペースで進化を続けています。